スポンサーリンク

バンコクだけじゃない!タイ好きが教えるの穴場の最新観光スポット

スポンサーリンク

タイ王国(Kingdom of Thailand)の概要

タイは東南アジアの中心地

東南アジアの中心地であり、左にはミャンマーがあり、右隣りにはカンボジアがあります。



他にもラオスやマレーシアとも接しており、国土の面積は日本の1.4倍です!



人口は7000万人程度で、80%程度がタイ人です。



タイ語がメインなのでタイ語を読めたり、話せると観光も楽しさが増しますよ。



タイ料理の特徴

東南アジアに共通しているところですが、辛い料理が多く甘いデザートも多いです。



ココナッツを使った料理が多く、フルーツが有名なのもタイ料理の1つの特徴でしょう。



Webラボ
Webラボ

最近では女性を中心にパクチーやレモングラスが流行っていますよ!



タイグルメの人気記事

タイで炭酸水ならシンハーソーダ!ペットボトルの炭酸水もご紹介
【タイ】やみつきガーリックフライドチキン!「Polo Fried Chicken(ガイトート ジェー ギー)」
Potato cornerは日本にある?フィリピン発祥のフライドポテト店
【バンコク】ドリアン専用部屋!?ヤギ?羊?マークのスイーツカフェ「After you」
【バンコク】オンヌットで焼肉BBQなら「ベストビーフ」で食べ放題!



首都はバンコク、経済の中心であり観光の中心地

タイの首都はバンコク(Bangkok)にあります。





首都バンコクの正式名称はクルンテープ・マハーナコーン・アモーンラッタナコーシン・マヒンタラーユッタヤー・マハーディロック・ポップ・ノッパラット・ラーチャタニーブリーロム・ウドムラーチャニウェートマハーサターン・アモーンピマーン・アワターンサティット・サッカタッティヤウィサヌカムプラシットです。




Webラボ
Webラボ

タイ人も言えないくらい長いです!w





メインの空港があるのもバンコクですし、有名な観光地やインスタ映えスポットもバンコクにも多くあります。



タイのインスタ映えスポット

タイのドナルドは合掌してお出迎え!|マクドナルド
【タイ最大級】室内に水上マーケット!?一日遊べる複合商業施設「ICONSIAM(アイコンサイアム)」
【バンコク】タイ人憩いの場!朝食フードコートから運動場、図書館まで揃う総合公園「ルンピニー公園」
タイチェンマイ観光なら毎年2月の「フラワーフェスティバル」が狙い目!
【年末年始】パタヤのカウントダウン開催場所&スケジュール

タイの物価

経済発展も著しく、物価の安いと言われているタイですがバンコクの中心部だとほとんど日本と変わらない物価です。




ただ、観光客向けのレストランには行かずローカルなレストランやカフェなどに行けばかなりお手頃な金額です。




コーヒー100円、レストランでも500円でお腹いっぱいのランチが食べられます。

タイの治安

見の危険を感じることはありません。



トゥクトゥクドライバーなどがたまにぼったくったり、マーケットで偽物などはうられています。

置き引きやスリの危険性は少なからずあるので注意しましょう。





東南アジアとりわけタイでは野犬の方が危険なので注意です。


ちなみに、日本では高価な狂犬病の予防接種などもタイ国内で安く受けられるのでおすすめです。

スポンサーリンク

タイの主要観光地(バンコク・チェンマイ・パタヤ)

タイの中心地はバンコクでその他に地方都市のチェンマイやビーチで有名なパタヤやプーケットなどがあります。



移動は基本的に新幹線のような鉄道はないため、都市間の移動は基本的に飛行機か長距離バス移動になります。



バンコク市内や観光地についたらGrabタクシーが間違いなくお得で安全でしょう。

バンコク

タイは仏教国なためバンコクにも綺麗な寺院があり特に日本人に人気なのがインスタ映え寺院「ワットパクナム」です。




また、バンコクはトレンドの中心部でもあるので、室内に水上マーケットのある巨大なショッピングモール「ICONSIAM(アイコンサイアム)」やタイの若者が集まる「アジアティーク」が人気です。




日本よりも派手な作りの建物で見るだけでも楽しいです!

他にはタイといえばマーケット!




タイの3大マーケットの

はまず外せないでしょう。






少し歩き疲れた時は都会のオアシス「ルンピニー公園」などで一休みするのがおすすめ。






リバーサイドの「THE COFFEE CLUB」や バタフライピーで鮮やかな青クジラの「Blue Whale Cafe」などおしゃれなカフェも多く点在しているので雨宿りなどにも利用すると良いです。




甘いものが食べたくなったらタイのかき氷「After you」がインスタ映えです!




物価の安いタイで少し背伸びして、「シャングリ・ラ ホテル」で鳥かごアフタヌーンティーも中々お手頃で満足度高いですよ。





ちなみにバンコクの中心部から1時間程度のところにも象乗り体験が楽しめる「サムプラン ゾウ園」があります!結構穴場です。




タイのお土産はタイシルクで有名なジム・トンプソンですが、少し離れたところにあるジム・トンプソンアウトレットで同じものが30%オフで購入できます!



チェンマイ

Bamboo Bridge

チェンマイはバンコクから飛行機で1.5時間程度の行ったところにある北部の都市です。

バンコクと違って古い町並みが欧米人を中心に人気の都市です。




チェンマイ市内はバス移動が安くておすすめですよ!バス用のアプリもあります。

市内を少し外れて長距離移動するならばレンタルバイク(1日50バーツ)もおすすめです。




チェンマイの寺院は真っ白な仏塔と国内最大級の仏像が「ワット スワンドーク」が有名ですね。




他には女性禁止で象のオブジェが可愛いワット チェディルアン&パンタオ」やスリランカ様式の洞窟寺ワット ウモーン」は抑えておきたい観光地ですね!

時間を書けてチェンマイに行くならばバックパッカーの聖地「パーイ」にも行っておきたいところですね!



バスでチェンマイからパーイへ行く方法も紹介しておりますので参考にしてみて下さい。



パタヤ

パタヤといえば虎と触れ合えるタイガーパークと綺麗な海が有名なリゾート地です。




観光客向けにピンク系のお店が多いのも特徴ですのでバーなどが多いです。



タイガーパークの他には人工的な水上マーケットを備え付けた観光複合施設もあります。




パタヤで毎年カウントダウンも人気のイベントの1つなのでお祭りごとが好きな人には良いですね。



いかがだったでしょうか?タイのことが少しは分かっていただけたでしょうか?

他にもタイについて記事を書いてますので確認してみて下さいね!

タイトルとURLをコピーしました