スポンサーリンク

タイで日本米が恋しくなったらカオニャオ(もち米)がおすすめ!

タイ
スポンサーリンク

タイ米も美味しいけれど、日本米が恋しくなるときも…

タイで料理は美味しくて、バリエーションも多くて病みつきになりますよね。

ただ日本食が恋しくなるときも多いかと思います。


私は日本にいるときも海外にいるときも多国籍な料理を食べます。

されど日本人。日本食に優るものはありません。特に日本米は特に食べたくなる。


そんな時ふらっと食べられるのがタイのレストランでも扱いがあるカオニャオ(蒸米)です。


Webラボ
Webラボ

カオニャオって名前を忘れたらSteamed riceでも通じますよ!


スポンサーリンク

タイのカオニャオ(もち米)とは?

カオニャオはタイ東北部(イサーン地方)や隣国ラオスで食べられているもち米です。

いつも基本的にタイで食べるお米はインディカ米と呼ばれる長細いものですね。

もちろん日本米まではいきませんが、普通のインディカ米に飽きて日本米のモチモチ感を味わいたいときには最適なのです。

Webラボ
Webラボ

日本米のモチモチ感に勝つものはない…!けど、カオニャオも美味しい!



カオニャオは蒸したお米なのでだいたい、小さな蒸し器に入っています。

容器自体が小さいことが多いので量が小さいのが少し残念です…



スポンサーリンク

カオニャオ・マムアン(マンゴー)も有名

カオニャオについて調べているとカオニャオ・マムアンとお菓子を見つけました。
マムアンはマンゴーですね!

カオニャオ・マムアンはココナッツミルクで炊いたもち米にマンゴーを載せたタイのお菓子らしいです。


タイ料理にはココナッツがよく出てくる食材でタイのたこ焼き「カノムクロック」でも使われていますね。

Webラボ
Webラボ

日本米が恋しくなった時はカオニャオ試して見て下さいね!

タイトルとURLをコピーしました