スポンサーリンク

【世界遺産エクアドル】キトス族が築いたインカ第2の都市「キトの市街」

国別旅行
スポンサーリンク

キトの市街とは

南米大陸におけるキリスト布教の中心地

キトの市街(キトのしがい)[注釈 1]は、エクアドルの首都キトの旧市街を対象とするUNESCO世界遺産リスト登録物件であり、アーヘン大聖堂ドイツ)、ラリベラの岩窟教会群エチオピア)、イエローストーン国立公園アメリカ合衆国)などとともに1978年に登録された最初の世界遺産12件のひとつである。キトの市街は保存状態の良好さが高く評価されている歴史地区であり、16世紀には南米大陸におけるキリスト教布教の拠点だったことから、かつては「アメリカ大陸の修道院」の異名をとった[1]。市街には当時を偲ばせる様々な建築様式の聖堂修道院などが数多く残っている。登録名は「キト市街[2][3][4][5]、「キト旧市街[6]などとも訳される。

wikipedia
スポンサーリンク

世界遺産検定対策!頻出単語:「キトの市街」

必ずこの文章は覚えよう!

先住民のキトス族が築いた街があり、15世紀にインカ帝国の支配下に入る。

インカ第2の都市として発展。

スポンサーリンク

写真で勉強する:「キトの市街」

市街の風景

quito-city-600x400 国別旅行
quito-city2-600x407 国別旅行

サン・フランシスコ聖堂・修道院

-600x407 国別旅行
サン・フランシスコ寺院

コメント

タイトルとURLをコピーしました