英語留学するならどこ?費用の安い国を比較して見つけよう

安く英語留学をするための様々な国をご紹介

語学留学なら様々な国を選択肢に入れよう

語学留学の目的は、もちろん現地の言葉を学ぶことです。


しかし、留学先はさまざまです。語学留学の選択は、まずどの言語を学びたいかを決めることから始まります。

まずは、どの言語を学びたいかを決めることが大切だと思います。英語を学びたいから留学に行くという人もたくさんいます。

語学留学先として人気が高いのは、アメリカ、オーストラリア、イギリス、ハワイ、ニュージーランドです。

しかし、中国、フランス、台湾、フィリピンへの留学を選択する人も少なくありません。

語学費用は留学スタイルで変わる

語学留学の費用は、留学先や日数、滞在期間などによって異なります。また、滞在日数や期間、滞在スタイルによっても変わってきます。

それに加えて語学を学びたい場合は、まず予算を考える必要があります。

留学したい場合は、まず予算を考え、その予算に見合ったカリキュラムやスケジュールを選ぶとよいでしょう。

春休みや夏休みを利用して留学することもできます。春休みや夏休みを利用して、短期の語学留学をする人が増えています。

 

また、会社員の方がお盆やゴールデンウィークを利用して語学留学をするケースもあります。

 

費用を抑えたいなら短期間の留学もおすすめ

短期留学は1週間や2週間、短い人では10日間程度も

短期留学するなら、どこに行きたいですか?

短期留学で人気があるのは、アメリカ、ハワイ、オーストラリア、カナダ、イギリス、中国、韓国、日本です。また、ニュージーランドや台湾も人気があります。

短期留学の時期は、人それぞれです。夏休みや春休みを利用して、短期留学をする人もいます。

自分で短期留学の計画を立てることが立てたり、jtbなどの旅行会社でも短期留学プランを扱っているところもいいでしょう。

最も一般的なのは高校生が語学研修のために1週間のホームステイを選択することが多いようですね。

留学したいけど、時間もお金もないという方は、まずは短期留学プランでから始めるのもいいかもしれませんね。

アメリカへの留学

ホストファミリーと滞在すればかなりの節約に

留学というと、日本ではアメリカに留学する人の割合が圧倒的に多いのではないでしょうか。それは、次のような理由からです。

語学留学といえば英語のイメージが強く、「英語=アメリカ」と思っている人が多いからです。

アメリカへの留学先はいろいろあります。アメリカ留学といっても、その行き先はさまざまで、留学期間も人によって異なります。


3ヶ月の語学留学でアメリカに行く人もいれば、1週間のプログラムで行く人もいます。

ある学生は3ヶ月間の語学研修のために、他の学生は1週間のコースのために、そしてある学生は1年または4年のためにアメリカに行きます。

アメリカでも留学先で全然費用は異なる

アメリカへの留学先はたくさんあります。ただし、留学先によって費用は大きく異なります。

ロサンゼルスやニューヨークなどの大都市での米国留学は費用がかかります。


ロサンゼルスやニューヨークなどの大都市でアメリカに留学すると、かなりの費用がかかります。

しかし、アメリカの北海道のような自然の多い場所に行けば、ホストファミリーの家に泊まることで、かなりの節約ができます。

ホストファミリーに滞在すれば、かなりの節約になります。アメリカでの留学費用が抑えられるといっても、かなりの費用が必要になります。

学生によっては、奨学金を受けることができる場合もあります。

さらに留学をサポートしてくれるエージェントに登録して、サポートデスクのサービスを無料で利用する人もいるようです。
また、留学をサポートしてくれるエージェントに登録して、サポートデスクのサービスを無料で利用する方もいます。

イギリスへの留学

地方だと安い傾向も

イギリスは、英語圏の語学留学先として最も人気のある国のひとつです。アメリカだけでなく、イギリスに留学される方もたくさんいらっしゃいます。


しかし、イギリスへの留学というと、他の国への留学に比べて、ちょっと格式が高いとか、敷居が高いというイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

なぜこのようなイメージがあるのでしょうか?

なぜそのようなイメージがあるのかを考えてみたところ、イギリスへの留学は、多くの皇族の方々が留学するパターンだからではないかと思いました。

皇室の方々には、イギリスに留学された方が多くいらっしゃいます。皇族の多くがイギリスに留学しているので、そのようなイメージを持っている人が多いのではないかと思います。


皇室にはイギリスに留学された方が多いので、そのようなイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。意外なところでは、イギリスに留学したことのある著名人も多いようです。

松田優作さんのお子さんである松田翔太さんも、イギリス留学の経験があると言われています。

イギリスへの留学費用は比較的高いですが、地方に行けば滞在先によっては費用を十分に抑えることができます。

人によっては、イギリスへの留学には、奨学金を利用してイギリスに留学することができます。

イギリスへの留学を予定している方は、イギリスで安い宿泊施設を探してみましょう。少しでもお金を節約できるといいですね。

オーストラリアへの留学

ワーキングしながら、ホリデーを楽しもう

オーストラリアへの留学は、日本の学生にとって最も人気のある留学先の一つです。

オーストラリアは安全な国だからという理由で留学先に選ばれる方が多いです。

オーストラリアへの留学を計画している人は、必要なすべての手配を自分で行うのは難しいかもしれません。実際にオーストラリアに留学した人のブログや記事を読んでみるのもいいと思います。

出発前に、オーストラリア留学を経験した人のブログを読んでおけば、持ち物の準備や
また、何か問題が発生した時に、どのように対処すればいいのかを知ることができます。


最近では、日本語教師やボランティアとしてオーストラリアに行く人も増えてきました。

ワーキングホリデーを使って行くのがおすすめですね。

 

ニュージーランドへの留学

人も暖かく、気候も快適な国

ニュージーランドへの留学は、英語圏への留学の中でも最も人気のある方法の一つでしょう。
ニュージーランドは、英語圏で最も人気のある留学先の一つです。

ニュージーランドは一年中、勉強するのにとても快適な場所です。

ニュージーランドは一年中、勉強するのに非常に快適な場所ですので、気候に慣れるのに問題はありません。また、ニュージーランドの生活費は安いです。

ニュージーランドの物価は安いので、長期留学の経済的負担は軽いと思います。
また、ニュージーランドはワーキングホリデーにも適しています。

ニュージーランドで語学留学を希望する場合、最短で2週間の留学が可能です。
おおよその費用は、2週間の語学留学で25万円です。


ワーキングホリデーでニュージーランドに行く場合は、かなり安い価格で留学することが可能です。
ニュージーランドは自然が多く、気候にも恵まれています。ニュージーランドは自然や気候に恵まれているため、日本人の英語留学先としてとても人気があります。

ワーキングホリデーに加えて、ファームステイも人気があるようですね。

カナダへの留学

カナダへの留学を考えている方は、自分でカナダ留学の準備をするのはとても大変なので、専門の会社に頼んで手配や手続きをしてもらうと心強いですよね。

皆さんは、カナダ留学というとどのようなイメージをお持ちですか?有名人がよくカナダに留学しているイメージがあります。

例えば、歌手の華原朋美さん、女優の宮崎あおいさんなどです。

カナダに留学したい人の多くは、ワーキングホリデー制度を利用しているようで多いようです。

カナダに留学するための説明会もありますので、カナダに行きたい方、興味のある方は行ってみてはいかがでしょうか。費用や持ち物などの情報を得ることができます。

カナダに留学する前に様々な情報を集めておくことはとても良いことだと思いますし、それが成功につながります。

 

フィリピンへの留学

最近注目の格安英語留学

フィリピン留学が注目されています。一見すると、少し不思議な感じがする人もいるかもしれません。しかし、英語を学ぶためにフィリピンに行く人はたくさんいます。

フィリピンはアジアに位置していますが、実は英語圏の国なのです。

アジアで唯一、英語で生活している国として知られていますが、実は世界で3番目に人口の多い国でもあります。

フィリピンでは英語が公用語で、学校でも英語を話す機会が多くあります。
実際、フィリピンで英語を勉強している人はたくさんいます。


実は、韓国にはフィリピンで英語を勉強する人がたくさんいるのです。日本ではまだ馴染みがないかもしれませんが、アメリカの半分の値段でフィリピン留学ができます。

フィリピンはお金を貯めたい人には最適な留学先だと思います。フィリピンの生活費は
フィリピンの生活費は日本の3分の1程度なので、生活するのは難しくありません。

フィジー留学の魅力

フィジーは「南の楽園」

フィジー留学の魅力とは?フィジーは「南の楽園」と呼ばれています。


フィジーでの留学には多くのメリットがあります。
フィジーで英語を学びたい方は、フィジーの英語コースを受講することができます。

フィジーの人々はとても親切でフレンドリーなので、日本からの留学生にとってはとても過ごしやすい環境です。
フィジーの人たちは、日本からの観光客や留学生の扱いに慣れていると言われています。

日本からフィジーに来ても、人間関係で悩むことはなく、ホームシックになることもありません。
これからフィジーに留学しようと思っている人も、快く迎え入れてくれるでしょう。

フィジーへの留学を考えている方は、気候の影響があるかもしれません。
海は美しいです。海はとても美しく、島々もとてもきれいです。


公用語は英語です。公用語が英語なので、ゆったりとした雰囲気の中で英語の勉強ができるのは、とても良いことだと思います。

学校をはじめ日本からの留学生も多いので、サポート体制も充実しています。
フィジーでの留学をお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました