スポンサーリンク

【ホーチミン】市のシンボル!涙を流したマリア像が有名な「サイゴン大聖堂」

観光
スポンサーリンク

サイゴン大聖堂とは

サイゴン大聖堂はベトナムのホーチミン市1区にあるカトリックの大司教座大聖堂です。

サイゴンという意味は以前のホーチミン市の名前です。

正式名称は聖母マリア大聖堂ですが、サイゴンにあるため俗称としてサイゴン大聖堂と呼ばれています。

フランスから全て資材を取り寄せ

フランス占領下の1863-1880年に設立されました。

建築様式はネオゴシック様式で赤レンガで作られています。

その資材はフランスから全て取り寄せたというから驚きです。

休日には大規模なミサの開催

ベトナムではフランスの影響もあり、カトリック信者の方が多くいます。

ホーチミン市内でも市のシンボルになるくらい有名な教会ですから、休日のミサの際は多くの方が訪れます。

教会内に入りきれず、外に溢れてしまう事も多いようです。

涙を流したマリア像

2005年にマリア像が涙を流したと大々的にニュースになりました。

真相は定かではないですが、マリア像の右頬を伝って涙がこぼれ落ちたようです。

ミサの時間

月~土曜5:30/17:00

日曜5:30/6:30/7:30/9:30/16:00/17:15/18:30

時間は要確認ですが、基本的には上記の通りです。

機会があれば時間を合わせて見学してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました