【トルコ観光】空港で調達!イスタンブールカード購入&返金&チャージ方法

観光
スポンサーリンク

イスタンブールカードとは

イスタンブール版Suica

イスタンブールに地下鉄やトラム(路面電車)やフェリーが通っており交通面はかなり充実しています。

十分に活用するにはイスタンブールカードが必須アイテムです。

割引も効くカードなので、楽に移動しながら旅行費用も抑えることができますよ。

スポンサーリンク

イスタンブールカードのメリット

複数人で利用可能

このカードは日本のSuicaと違って複数人での利用が可能です。

友達と観光するときも一つ持っていればOKです。

キャッシュレス

トルコは比較的治安がいいですが、基本的に海外では現金を持ち歩きたくはないと思います。

カードさえ取り出せばいいため、財布を取り出すタイミングで盗まれたり、財布を置き忘れる心配もなくなります。

複雑な計算いらず

毎回、目的の駅を見つけて価格計算する必要がなくなります。

カードの残高だけ管理すればいいため、管理も楽チンです。

割引でお得に

トルコの交通費はそこまで高くないですが、塵も積もれば山となります。

少しでも全体的な旅費を抑えられるのは地味なメリットですね。

スポンサーリンク

購入場所

街中のキオスク(小さなコンビニ)

イスタンブール新空港

街中の駅で設置されている券売機

スポンサーリンク

料金

istanbul-touch 観光

カード本体価格:6リラ

*初回購入時にはカード本体価格とチャージ料金で10リラ必要

電車利用料金

初乗り料金:2.5リラ

1回目の乗り換え:1.65リラ

2回目の乗り換え:1.25リラ

3回目以降の乗り換え:0.85リラ

*なお、乗り換え料金は2時間以内での価格です。

スポンサーリンク

チャージ方法

istanbul-vending-machine 観光

日本のSuicaと同じようにチャージできます。初見でも対応できると思いますが、簡単に方法を書きます。

  1. 言語変更
  2. カード設置
  3. 設置したことで、画面が自動的に切り替わる
  4. チャージする(istanbulkart Yukleme)*真ん中のボタンを押す
  5. チャージしたい分のお金投入

以上がチャージの一連の流れです。初回は駅員さんに聞くのがベターだと思います。

スポンサーリンク

返金について

基本的に残高の使い切りがベター

チャージしたお金は返金申請によって返金されますが、その手続きは書類を書く必要があります。

また、銀行振り込みとなるため観光で使うのであれば残高を使い切るようにしましょう。

カード本体料金は返金されない

カードを購入する際に6リラかかります。残念ですが、申請したとしてもこちらは返金されませんのでお土産として持ち帰りましょう。

有効期限は無し

残高がきになる人にちょっとした朗報です。

イスタンブールカードには有効期限が無いため、次回の利用時にも使用可能です。

とはいえ、あまり来ることはないと思いますので本当にお土産ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました