【バンコク】バタフライピーの青が鮮やか!クジラマークの「Blue Whale Cafe」

フード
スポンサーリンク

Blue Whale Cafe(ブルーホエールカフェ)とは

青いクジラがトレンドマークのカフェ

20190910_120503691 フード

Blue Whale Cafe(ブルーホエールカフェ)とは青を基調とした爽やかな雰囲気のおしゃれカフェです。

名前の通り、ホエール(くじら)がトレードマークとなっております。

近くに有名なワットポーやワットアルンもあるため、休憩の際に訪れることをおすすめします。

近くの観光地

ワットポー(Wat Pho)

ワットワルン(Wat Arun)

スポンサーリンク

どのように青色を出しているか

Clitoria-ternatea-s__93539.1540142292.1280.1280 フード

青色といえば食欲減衰のためにダイエットなどで食器に使われることはあっても、食材そのものに使われるのはめったにみないと思います。

バタフライピーというタイの花を使用して青色を抽出することで着色しています。

スポンサーリンク

Blue Whale Cafe(ブルーホエールカフェ)の行き方

BTSの駅から少し離れたところに位置するため、Grabタクシーを使うのをおすすめします。

船で行く方法もあり

川沿いにあるため船で行く方法もあります。

船を使う際はターティアン(Tha Tien)で降りましょう。

こちらはBTSサパーンタクシン駅から行くときの例です。

スポンサーリンク

Blue Whale Cafe(ブルーホエールカフェ)の様子

入り口

20190910_120417053 フード
20190910_125013620 フード

外装からすでに青色が目立っているため、すぐに見つかるかと思います。

写真等も綺麗にデザインされていました。

カウンター

20190910_120508304 フード
スポンサーリンク

Blue Whale Cafe(ブルーホエールカフェ)のメニュー

20190910_120531404-e1568531670103 フード
20190910_120540868-e1568531694116 フード
20190910_120427192 フード

カフェですが、軽食も用意されているためお腹が空いている時も時間の無駄なく過ごすことができます。店内を見渡してもみなさんブルーのラテかアフォガードなどを頼んでいる感じでした。

スポンサーリンク

Blue Whale Cafe(ブルーホエールカフェ)のレビュー

blue whale affogatoとhot butterfly pea latteをオーダー

20190910_122144845 フード

今回はこの二種類をオーダーしました。

みたことのない鮮やかな青色でとても綺麗です。

味は青色だからと言って特別な感じはしませんでした。

スポンサーリンク

Blue Whale Cafe(ブルーホエールカフェ)の営業時間

10:00~20:00 *毎週木曜日休み

休日に注意です。ありがたいことに意外と遅くまでやっているため散策のついでに行ってみて下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました