【バックパッカー必読】絶対旅に出掛けたくなる本 沢木耕太郎著「深夜特急」がYoutubeで閲覧可能!

旅行ノウハウ
スポンサーリンク

深夜特急とは

沢木耕太郎著 昔のバックパッカーのバイブル

深夜特急はネタバレって要素もあまりないですが、ネタバレしないように簡単に説明すると、

日本人の青年がインドから出発し乗合バスのみでロンドンを目指すお話です。

これぞ旅!って感じがしてこれだけで興味をそそりませんか!

共感してくれるのはバックパッカーだけなのかもしれませんが…w

深夜特急の意味

かつてトルコで収監された外国人が”脱走”することを「ミッドナイトエクスプレス(深夜特急)に乗る」と言った。

とドラマでは冒頭で始まります。

70年代のトルコとアメリカの政治的な背景でこの言葉が隠語として使われたようですね。

通称:麻薬本

この本を読むと会社や何もかも捨てて旅に出たくなることから通称麻薬本と呼ばれています。

私は学生時代にバックパッカーを初めて、最近読んだためすでに麻薬中毒者の状態でドラマを見ましたw

タイ-カンボジア-ベトナム(ハノイ)とバスで移動したことがありますが、やっぱり自問自答の場面や生きる意味について考えるなど共感できる部分が多かったですよね。

旅に魅了されてもう直ぐ会社を辞める予定ですけど、早く旅に出たい!って気持ちが一層強くなりました。

スポンサーリンク

Youtubeで閲覧可能

あまり声を大にしては言えませんが、この小説はドラマにもなっておりそのドラマがYoutubeに上がっています。

ドラマでは大沢たかおさんが主人公で、井上陽水さんが主題歌を歌ってます。(豪華w)

以下のプレイリストからみることができるので気になった人は是非見てください。

俺もこういった動画作ってyoutuberなろうかな…w(検討中)

深夜特急2

タイトルとURLをコピーしました