【iPhone】Airdrop痴漢対応!使い方(やり方)&できない時の対処法

スマホ
スポンサーリンク

Airdrop(エアドロップ)とは

Apple製品同士でデータ送受信できる機能

Apple製のデバイス同士で簡単にデータの送受信ができる優れた機能。

データとは写真や動画、サイトのリンク等様々なデータに対応しています。

また、この機能はiphoneだけでなくMacのパソコンでも使うことができます。

スポンサーリンク

Airdrop(エアドロップ)のメリット

通信量がかからない

データの送受信はBluetoothを使用するため通信量がかからずデータ通信量の節約にもなります。

例をあげると、音楽を聴く際Bluetoothイヤホンを使用するのにデータ通信量を使用しない感覚です。

データを即時共有可能

iPhoneの写真フォルダにあるものを即時共有できます。通信速度はBluetoothの仕様に依存しますが、数枚の画像なら数秒で共有できます。

スポンサーリンク

使い方

名前変更

IMG_2907-600x290 スマホ

iPhoneの設定から識別する名前を変更することができます。
デフォルトのままでフルネームにしてある人は変更するのが断然おすすめです。
こうすることで相手に名前を知られるのを防ぐことができます。

豆知識:設定画面が検索できない場合の対処法

IMG_2909-e1567431546664-600x504 スマホ

iPhoneで設定をする際にどこの設定画面か分からない時があります。

そういう時は設定画面のトップページで検索すると良いですよ。

かなり時短に繋がります。以上、豆知識でした。

Airdrop機能オン

設定画面から行くこともできますが、下からシュッと設定画面を出すのが楽です。

IMG_2910-337x600 スマホ

Wifiのアイコンを押し込みながら長押しすると設定画面が表示されます。

IMG_2911-337x600 スマホ

Airdropのアイコンが青になっていればオンになっています。

データ共有先限定

オンにしてあるAirdropドロップアイコンをクリックするとさらに設定が表示されます。

IMG_2912-337x600 スマホ

Airdropでは3つの共有先パターンがある

  • 受信しない
  • 連絡先のみ共有
  • 全ての人に共有

これはデータの送信だけでなく、受信する際にも適用されます。

共有しないにすると使い勝手が悪くなってしまい、全ての人に共有すると知らない人から画像が送られるってこともあります。

基本的に連絡先のみ共有にしておきましょう。

スポンサーリンク

データの送信方法

IMG_2982-337x600 スマホ

以上でデータ共有前の設定は終わりです。

後は、共有マーク(画像:右上の矢印マーク)を押して、共有先を選択するだけです。

今は近くの二人の方が見えている状態ですが、選択した人にしか当然データは送信されません。

スポンサーリンク

データの受信方法

IMG_2984-337x600 スマホ

受信する際は特にすることはありません。

先ほどの設定をしていれば、相手が送信すると辞退or受け入れるの画面が表示されます。

Airdrop痴漢の悪いところは受け入れる前でも画像が見えるってところを悪用したものです。

しかし、先ほど連絡先のみ共有にしておけば問題なしです。

設定を見直してAirdropをしてみて下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました