【バックパッカー】東南アジア周遊するならSIM2Flyで決まり!

SIM
スポンサーリンク

SIM2Fly

東南アジアのみ周遊するならこのSIM

以前紹介したAIRSIMは1国で1つのデータプランを選択して使用するものでした。

世界で使用できる有能なAIRSIMに関しては下記の記事をご覧下さい!

東南アジア周遊の際はAIRSIMより良い場合も

AIRSIMは1国ごとにデータプランを選択して使用します。

そのためトランジットのついでにシンガポールで2日滞在、タイで1週間滞在する場合、レアなケースですがデータプランを二つ購入する必要があります。

ただのトランジット場合でも空港はネット環境が整っていますが、イチイチめんどくさいパスポートの登録や時間制限があったりします。

そんな煩わしさなく使えるのが今回ご紹介する東南アジアに強いSIM2Flyです。

対応国はアジア16カ国

下記が対応国です。これだけ対応していれば東南アジアで周遊は気軽にできますね!

シンガポール、オーストラリア、ネパール、マレーシア、インド、ラオス、フィリピン、カンボジア、ミャンマー、カタール、インドネシア、台湾、香港、マカオ、韓国、スリランカ、中国、ブルネイ、ベトナム

タイには対応していない

タイの会社AISが発行しているこのSIMカードですが、肝心のタイには対応していません。

バックパッカーには痛手かもしれません。

タイに行くのも考慮するとおすすめなのがAIRSIMとSIM2Flyの併用です。

SIMが二つあったほうが携帯を盗られた際も端末さえあればすぐにネット環境が整いますし、安全面を考えると良いです。

スポンサーリンク

まとめ

東南アジア周遊にはSIM2Fly

対応国は16ヶ国

タイに行く際はAIRSIMと併用がおすすめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました