【海外旅行】中国対応VPN設定で楽々!ネット規制検閲対策方法

ネット環境系
スポンサーリンク

使えないサービス

Google

Gmailをメインのメールとして使ってる人も多いと思います。これが使えないのは痛いです。
ネット検索といえばGoogleですが、これも盲点ですが使えません。

ちなみに言うとyahooの検索も使えないです。
他にはGoogle drive , Google photoなども使えないサービスとなっております。

LINE

中国ではlineを使えないのでメインチャットアプリとしてwe chatを使ってる人が大半です。

Facebook, Instagram

これも使えません。旅先の旅行記録とか近況報告で使う機会多いですが、使えないです。

スポンサーリンク

回避策:VPNサービス編

VPNサーバサービス(セカイVPN)

bgt?aid=190817668694&wid=010&eno=01&mid=s00000001004012017000&mc=1 ネット環境系 0 ネット環境系

長期滞在にオススメなのがVPNサーバサービス。
どちらかというと長期滞在にオススメです。

私は短期滞在の際にこちらのサービスを無料のお試し期間で使いました。

実際に中国でも活用できましたよ!

VPN付きモバイルwi-fiルータ(グローバルWiFi)

gifbanner?sid=3284354&pid=885982536 ネット環境系

よく使われるのがこちらのモバイルルータです。
中国対策もされてて、VPN付きの特別回線のVPNルータもあります。

料金見積もってみたら1日1000円程度。

VPNサービス+ネット環境を整える煩わしさを考えるとそこまで高くはないかなという印象です。

img_2799-502x600 ネット環境系
スポンサーリンク

SMSサービス編

こちらは使用できますので、チャットアプリの代替案として使えます。
基本情報として、SMSサービスの送信は有料で、受信は無料です。

iMessage

img_2793-600x280 ネット環境系

チャットアプリならこれが最強です。
SMSサービスですが、通信キャリア関係ないです。
iPhone、iPadなどApple製品同士なら無料で使えます。

SMSで青色の背面になっているのがiMessage、緑色になっているのがキャリアのメッセージです。

国内キャリアのSMS

iPhone同士でなくて、他の端末でSMSサービスを使う場合です。
国内キャリアでローミングしてSMSを使用すると1通あたり100円程度が請求されます。

通信量(文字数や画像)の大きさによって価格は変動します。

事前にキャリアで海外からのSMS送受信はいくらかかるのか抑えておきましょう。

中国キャリア(SIM)のSMS

これは中国の電波を使用するため、受信も送信も実質無料と考えて良いです。

1日100件程度で送信数の制限等はありますが、大量にやり取りしなければ大丈夫です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました